トランプ米大統領、コミー氏証言を否定 自ら証言も言明

印刷

   ロシアと共謀して米大統領選に影響を与えようとしたとされる問題で、トランプ大統領は2017年6月9日、フリン前大統領補佐官への捜査中止を、米連邦捜査局(FBI)のコミー前長官に指示したとされることについて、「私はそれは言っていない」と記者会見で否定した。各メディアが報じた。

   この問題は、トランプ氏から解任されたコミー前長官が前日、上院情報委員会でトランプ氏に直接指示されたことを証言していた。トランプ氏は、コミー氏について「情報漏えい者だ」と非難し、疑惑についてモラー特別検察官に宣誓して証言する用意があると言明した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中