2021年 1月 22日 (金)

会社の電話に出られない NIKKEI STYLE記事に共感続々

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

「やったことがない事をやれといっても無理がある」

   人事制度改革・コンサルティング会社セレブレイン社長の高城幸司さんにJ-CASTニュースが17年6月19日に話を聞いたところ、「会社の固定電話対応が嫌で辞めて行く新入社員がいてもおかしくないのが現状だ」と説明した。

   高城さんによると、今の若者はメールで全てを伝える習性があり、友人同士はラインで交流している。従来型のコミュニケーションをしなくても生きていけるし、そのコミュニケーションの幅も限定された小さなものになっている。その結果、年齢が離れれば「異文化コミュニケーション」の様相になり、固定電話で相手の話を聞き上司に報告することはプレッシャーやストレスを感じてしまう。そのうえで、

「『やったことがない』事をやれといっても無理があるわけです。企業もやっとそれに気付いて、電話応対研修に力を入れるところが増えているんです」

   と高城さんは話している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中