柴崎岳、いまや救世主 別人ぶりに「当初の不安障害とは何だったのか」

印刷

   スペインリーグ2部・CDテネリフェのMF柴崎岳が、チームの救世主に成長している。重要なプレーオフの一戦で決勝ゴールをあげ、現地紙は特集を組むなど大盛り上がりだ。

   柴崎といえば、チーム加入直後は「不安障害の疑い」や「ホテルの部屋から一歩も出て来ない」などと現地での生活になじめそうもない報道が相次ぎ、練習への本格参加も出遅れていた。それが約4か月経ち、まるで別人のように活躍している。

  • スペインメディア「MARCA」も柴崎岳の活躍を報道
    スペインメディア「MARCA」も柴崎岳の活躍を報道

プレーオフ決勝に駒を進めるゴール

   1部昇格をかけた2017年6月18日のプレーオフ準決勝第2戦でリーグ4位のテネリフェは同5位のカディスCFと対戦。第1戦は0-1と後塵を拝したが、1点を取って合計1-1とし、リーグ上位のテネリフェが決勝に駒を進めた。

   決勝ゴールを奪ったのは柴崎だった。前半34分、右サイドからのクロスを逆サイドで待ち構えていた柴崎が落ち着いてゴールに蹴り込んだ。値千金の1点にチームメートが次々駆け寄った。

   「日本人プレーヤー柴崎が、昇格をかけた決勝戦へのドアを自らのゴールで開いた」。スペインメディア「MARCA」は19日、こんな見出しで柴崎の活躍を伝えた。ホセ・ルイス・マルティ監督は「カディスとの一戦では、気持ちを高ぶらせすぎてはならない。冷静さを保つことのできる選手を1人あげるとすれば、それは日本の柴崎岳だ」と述べていたといい、記事では「フィールドの中央でチームに平静を与え、できるだけボールポゼッションをあげようと、柴崎を先発でピッチに送り出したのだろう」としている。

「移籍当初のことを考えると本当に良かった」

   「MARCA」同記事では今回の活躍を、鹿島アントラーズ時代の16年12月にFIFAクラブワールドカップ(W杯)でレアル・マドリードと対戦し、柴崎が鮮烈な2ゴールをあげた時と重ね、「テネリフェが柴崎を知ったのはあのレアル戦だった。そして今、カディスとのこの重要な一戦で彼は大手柄をあげた」と称賛した。

   柴崎が移籍したのは17年1月末。しかし本拠地テネリフェ島での生活が合わなかったのか、加入数日後に体調を崩して練習を欠席しはじめた。その後「6キロ激やせ」と報じられたほか、「ホテルの部屋に引きこもりがち」「不安障害の疑い」などの情報も立て続けに出て、2月末にようやく練習に本格参加しはじめたとされていた。

   日本のツイッター上では、こうした経緯と絡めて安堵する声が相次いでいる。

「移籍当初のことを考えると本当に良かった」
「柴崎がっくん良かったよねぇ。向こう行った当初は体調不良やら部屋から出れないやらでどうなることかと思ったけど」
「テネリフェが柴崎のゴールで昇格プレイオフ決勝までいってるw 渡欧当初で既に失敗とか思っててすいませんでした」
「当初の不安障害報道とかは一体なんだったのか」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中