2018年 7月 19日 (木)

池袋暴走事故 医師に懲役5年 てんかん発作で「危険運転」認定

印刷

   2015年8月にJR池袋駅前で乗用車を暴走させ、5人を死傷させたとして危険運転致死傷などに問われている医師の金子庄一郎被告(55)の判決公判が2017年6月27日、東京地裁であった。家令和典裁判長は、懲役5年(求刑懲役8年)を言い渡した。

   報道によると弁護側は「被告は事故直前に発作の危険性を認識できなかった」と無罪を主張したが、判決では、被告が医師であることからてんかんの知識もあり、過去に発作の経験がありながらも運転を続けたことを指摘。運転中にてんかんで意識障害に陥ることを認識していたと判断し、危険運転にあたるとして弁護側の主張を退けた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中