京急商業施設に設置型ナーシングルーム導入 1年間、試験的に

印刷

   京浜急行電鉄は,設置型ナーシングルームを2017 年7月1日から1年間,京急グループの商業施設「京急サニーマート(横浜市金沢区)」内に試験的に設置する。

   ナーシングルームは育児関連サービスを提供するTrimが開発した「mamaro」。

  • 設置型ナーシングルーム「mamaro」
    設置型ナーシングルーム「mamaro」

街でのチャイルドケア利便性向上に貢献

   セキュリティーの高い設置型の個室を用意することで、安心して授乳、離乳食およびおむつ交換といったチャイルドケアができる環境を提供するもの。

   室内には体温によって識別できるセンサーを備え,不正利用の予防や利用状況の把握を行える。室内のモニターには子育て系コンテンツやお出かけ中に役立つ情報などを配信する。

   京急では、金沢区役所など公共施設に近い京急サニーマート内に設置することで、沿線の街でのチャイルドケア利便性の向上に貢献したい考え。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中