小池都知事「都民ファーストの会」代表辞任

印刷

   東京都の小池百合子知事(64)は2017年7月3日、「都民ファーストの会」の代表を同日付で辞任することを発表した。後任には前代表の野田数幹事長(43)が復帰する。都内で行われた記者会見で明らかにした。

   2日に投開票が行われた東京都議会議員選挙では、都民ファーストの会が追加公認を含め55議席を獲得し圧勝。小池知事は、都民ファーストの会が第一党になったことで、議会が知事をチェックする二元代表制への懸念の声があることから「私は知事に専念する形で、代表は野田幹事長に戻していきたい」と語った。

   小池知事は6月1日、都議選に向けた総決起大会で都民ファーストの代表に就任。在任期間は約1か月間だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中