五郎丸、日本復帰で お祈りポーズ卒業 「そんなに重要ではないので」

印刷

   「ごぶさたしています」――開口一番、こう口にした。ラグビー元日本代表の五郎丸歩選手(31)は2017年7月3日、トップリーグのヤマハ発動機ジュビロへの復帰記者会見に臨んだ。

  • 2014年の五郎丸選手(埊さん撮影、WikimediaCommonsより)
    2014年の五郎丸選手(埊さん撮影、WikimediaCommonsより)

世界の壁にぶちあたった海外生活

   五郎丸選手は、記憶に新しい2015年ラグビーワールドカップ(W杯)で大活躍し、一躍時の人に。プレースキックを蹴る前のお祈りするように両手を合わせる儀式が「五郎丸ポーズ」として社会現象にまでなった。

   W杯での活躍もあり、16年シーズンからスーパーラグビーの「レッズ」(オーストラリア)に加入。同年8月にはフランス1部リーグの「トゥーロン」に移籍した。

   だがこの一年半は、我慢の連続が続いた。「レッズ」では、右肩のケガの影響で思うようなプレーができずに苦戦。その後、「トゥーロン」に移籍し新天地での活躍が期待されていたが、出場はわずか5試合(無得点)にとどまった。

   五郎丸選手は、当時を「育った環境や文化の違いがある中で自分をアピールする難しさ(を感じた)」と振り返る。

   そして、「パフォーマンス的にもメンタル的にもこれ以上海外にいると難しい」として17年6月30日、「トゥーロン」を退団、翌7月1日には08~15年に在籍していたヤマハ発動機とプロ契約を結んだ。

五郎丸「優勝に貢献したい」

   会見に同席したジュビロ・鈴木正典代表は、

「肌で感じた海外でのラグビーを、プレーだけではなく生活面も含めてヤマハの、特に若い選手に伝えてほしい」

とエールを送る。

   五郎丸選手は、

「なかなかやっぱり出場機会が少なかったので、その分しっかりパフォーマンスを出して優勝に貢献したい」

と意気込みを語った。

   なお、スポーツ新聞各紙によると、五郎丸選手は「五郎丸ポーズ」を卒業し、両手を腰に当てるスタイルに変更。その理由を「大事なのは体重移動。あそこ(ポーズ)はそんなに重要ではないので」と説明しているという。

   今季のトップリーグは8月18日に開幕。ヤマハ発動機は同日、愛知・豊田スタジアムでトヨタ自動車と対戦する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中