東京でもヒアリ発見 大井ふ頭のコンテナから

印刷

   東京都は2017年7月6日、品川区の大井ふ頭で陸揚げされたコンテナから「ヒアリ」が1匹確認されたと発表した。日本国内でヒアリが見つかったのは名古屋港や大阪港などに続き5か所目。

   ヒアリが確認されたコンテナは中国・広東省の三山港で積み込まれ、6月23日に香港で積み替えが行われた後、6月27日に大井ふ頭に到着して陸揚げされたものだった。これを受けて、東京都と環境省と国土交通省は合同で7月7日に大井ふ頭で緊急調査などを行っている。

   東京都によると、現時点では健康被害は確認されていないという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中