氷上ブレーキング性能「7%向上」 グッドイヤー新スタッドレスの実力は?

印刷

   冬タイヤ商戦が早くもスタートした。日本ミシュランが2017年6月26日、新型スタッドレスタイヤ「MICHELIN X―ICE3+」を8月1日に発売すると発表。日本グッドイヤーも6月30日、「ICE NAVI 7」を8月1日に発売すると発表した。旧モデルに比べ、氷上のブレーキング性能をミシュランは4.5%、グッドイヤーは7%向上させたという。果たして、その効果は体感できるのか?

   タイヤメーカーは、冬用の新型スタッドレスタイヤを夏に発表する。ただし、各メーカーとも、毎年モデルチェンジを行うわけではなく、新タイヤの投入は数年に1度となる。ミシュラン、グッドイヤーに続き、日本のタイヤメーカーも8月までに新モデルを発表するとみられる。

  • 横浜市内のスケートリンクで行われた日本グッドイヤーの新型スタッドレスの試乗会
    横浜市内のスケートリンクで行われた日本グッドイヤーの新型スタッドレスの試乗会

初代から7代目

   日本グッドイヤーは「ICE NAVI 7」のプレス向け試乗会を横浜市内のスケートリンクで行った。グッドイヤーが日本市場向けに新型スタッドレスタイヤを投入するのは、2013年の「ICE NAVI6」以来、4年ぶり。1997年の初代「ICE NAVI」発売から7代目になる。

   横浜市港北区の新横浜スケートセンターには、従来モデルの「ICE NAVI 6」と新モデルの「ICE NAVI 7」を履いたトヨタプリウスとトヨタC-HRが用意され、コーナリング性能とブレーキング性能をテストすることができた。

   まずは「ICE NAVI 6」で走行。その後、「ICE NAVI 7」に乗り換える。スケートリンク内のテストコースは指定時速8キロの低速なので、コーナリング性能の差は正直にいって、よく分からなかった。しかし、時速15キロまで加速し、フルブレーキングを行う制動テストでは明らかな差が出た。フルブレーキングなので、当然ABSが介入するが、「ICE NAVI 7」の方が明らかに制動距離は短かった。

   もちろん、この場合はブレーキペダルを踏み続けていなくてはいけない。タイヤロックを瞬間的に感じると、経験の豊富なドライバーほどブレーキぺダルの踏力を抜きたくなるが、ABSを作動させるには、ブレーキペダルを踏み続けるのが正しい。

「日本の路面コンディションに合わせて開発」

   氷上のブレーキング性能7%向上には、タイヤのトレッドパターンを従来の3本溝から4本溝に見直すなど新パターンのデザインや、低気温でもやわらかさを失いにくいシリカを従来品より細分化するなどコンパウンドの見直しが効いているという。

   日本グッドイヤーによると、日本のドライバーがスタッドレスタイヤに要求する性能は、氷上ブレーキングが1番で、これに次ぐ氷上コーナリング、さらに雪上発進などを上回る。

   記者会見した米グッドイヤーアジア地区消費財タイヤプロダクトディレクターのジェナー・パウエル氏は「日本の路面コンディションに合わせて開発し、消費者が求める性能を実現した。あらゆる冬の路面に合わせて設計しており、冬道の安全なドライビングを提供できる」と述べた。

   今回の「ICE NAVI 7」の開発は、日本のユーザーの要望を取り入れつつ、欧州のルクセンブルクで行ったという。製造は日本で行う。

   各社の新型スタッドレスタイヤが店頭に並ぶのはまだ先だが、9月以降にテレビCMが放映され、冬タイヤ商戦が本格化する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中