ヒアリ発見 愛知・春日井、内陸部で初

印刷

   環境省などは2017年7月10日、強い毒を持つ南米原産の「ヒアリ」1匹が春日井市で見つかったと発表した。内陸部で見つかるのは今回が初めて。

   ヒアリが付着した荷物は6月30日、名古屋港「飛島ふ頭」で陸揚げされた。7月6日に春日井市内の倉庫に搬送され、荷物に付着しているのを荷主が見つけた。鑑定の結果、ヒアリだと確認された。

   ヒアリは17年5月以降、兵庫県尼崎市、神戸市、愛知県弥富市、大阪府大阪市、東京都品川区で確認されている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中