イラク、IS最大拠点モスル奪還 首相が勝利宣言

印刷

   イラクのアバディ首相は2017年7月9日(現地時間)、過激派組織「イスラム国(IS)」からの奪還を目指していた国内第2の都市モスルを訪問し、自身のツイッターでISへの勝利とモスルの解放を表明した。

   14年6月にISの前身組織がモスルを占拠し、カリフ制の「国家」樹立を宣言。以来IS最大の拠点としていたが、イラク軍は16年10月から米国主導の有志連合の協力を受け奪還作戦を開始。約9か月かけて奪還した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中