JASRAC、BGM無断使用で初提訴 札幌の理容店と高松の飲食店

印刷

   日本音楽著作権協会(JASRAC)は2017年7月11日、同協会が著作権を管理する音楽を無断でBGMに使用したとして、札幌市の理容店と高松市の飲食店の経営者を相手取り、音楽の使用差し止めと損害賠償を求める訴えをそれぞれ札幌、高松の各地裁に起こした。JASRACがBGMの無断使用で提訴するのは、初めて。

   JASRACは15年以降、利用許諾なしでBGMを使用する全国の事業者に、各地の簡易裁判所で民事調停を申し立てていた。今回の2店について、JASRACは発表の中で

「2015年には民事調停を申し立てましたが、両経営者とも契約に応じようとせず、現在も無断で管理著作物を利用し続けています」

と主張している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中