2018年 7月 21日 (土)

東芝によるWDのアクセス遮断措置差し止め 米上級裁

印刷

   東芝の半導体メモリー事業の売却をめぐって東芝が米ウェスタンデジタル(WD)に対して行っていた情報管理システムのアクセス遮断措置について、米カリフォルニア州の上級裁判所は東芝に対し、遮断措置を禁じる暫定的な命令を出した。WD社が2017年7月11日(現地時間)、発表した。期間は28日まで。

   東芝はこれを不服として控訴する構えだが、日本経済新聞によると、アクセス遮断は12日午後にも解除されるといい、14日には売却差し止めの仮処分をめぐる最初の審問が実施される予定。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中