2018年 11月 16日 (金)

紗栄子、豪雨被災地で支援活動 インスタで「まだ土砂や流木がいっぱいです」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   2017年7月5日から記録的な大雨が続いた九州北部では、豪雨から一転、厳しい暑さが続くなか、多くのボランティアが支援活動に当たっている。

   モデルの紗栄子さん(30)もその一人だ。散乱した木材、土砂を移動する重機、土砂、なぎ倒された木など被災地の現状を伝える写真をインスタグラムに掲載するとともに、1日も早い復興を願っている。

  • 紗栄子さん(画像はブログのトップページより)
    紗栄子さん(画像はブログのトップページより)
  • 紗栄子さんのインスタグラム(画像はインスタより)
    紗栄子さんのインスタグラム(画像はインスタより)

「これ以上被害が拡大しませんように」

   紗栄子さんは2017年7月13日に更新したインスタグラムで、知人の医師とともに大分県日田市に物資や食料を届けに来ていることを報告。

「街もまだ土砂や流木がいっぱいです」
「朝倉郡東峰村や日田市夜明中町の甚大な被害に心が痛みます」

と、多数の風景写真とともに被災地の「今」を伝えた。紗栄子さんは7日に更新したインスタグラムでも、ファンらに物資提供への協力を呼びかけていた。

   宮崎県出身の紗栄子さんは、2016年の熊本地震の際にも精力的に支援活動を行い、熊本県と大分県にそれぞれ500万円を寄付している。現地にも赴き、避難所の小学校では炊き出しに参加していた。支援は今も続いており、今回の豪雨は、熊本の子どもたちと約束をしたメイクレッスンの準備の最中だったという。

   実際に被災地の様子を目の当たりにした紗栄子さんは、

「これ以上被害が拡大しませんように、甚大な被害を受けた皆さんのお気持ちが癒え、安心して暮らせる日が1日も早く来ますようにと祈らずにはいられません」

と、復興を願う。さらに「私たちができることをしっかり続けていきたい」とし、

「必要な物資や食べ物など、現場の声を聞いて、これからも迅速に届けていきたいと思います」

と、継続的な支援を誓った。

「励みになりました」

   これらの支援に感謝の声も寄せられている。紗栄子さんのインスタのコメント欄には、

「私も家に被害がありました。さえこちゃんの行動で多くの人が元気づけられてると思います!ありがとうございます」
「私の地元です。全国にこうやって広めていただけるだけでも本当に有難いです」
「今日皆さんが来られて全力で応援しますって言ってくれて励みになりました」

などの声が多く集まっている。

   他にも、

「こんなに被害があるんですね...。TVだとなかなか伝わりづらい部分も伝えてくれてありがとうございます」
「テレビで見ている以上です(中略)SNSでの方がリアルに伝わってきます」

などと指摘する人もいた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中