2018年 11月 15日 (木)

水戸岡鋭治さんの新たな「豪華列車」 伊豆急でお披露目、7月はもう満席に

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   「ななつ星」「四季島」「瑞風」など全国で豪華列車が運行される中、首都圏でも2017年7月から伊豆急行の豪華列車「ザ・ロイヤルエクスプレス」がお目見えする。

   2017年7月15日に車両が伊豆高原駅の車庫(静岡県伊東市)で公開され、デザインを担当した水戸岡鋭治さんが「(新型列車の運行が)起爆剤として、この地域が豊かになる、元気になる」などとあいさつ。列車が伊豆の魅力の「再発見」につながると訴えた。

  • 「ザ・ロイヤルエクスプレス」は7月21日に横浜-伊豆急下田間で運行を始める
    「ザ・ロイヤルエクスプレス」は7月21日に横浜-伊豆急下田間で運行を始める
  • デザインを担当した水戸岡鋭治さん
    デザインを担当した水戸岡鋭治さん
  • 「ゴールドクラス」の客席。木をふんだんに利用している
    「ゴールドクラス」の客席。木をふんだんに利用している
  • 海を眺められる2人掛けの座席もある
    海を眺められる2人掛けの座席もある
  • 多目的スペースも設けられている
    多目的スペースも設けられている

宿泊つきで1人13万5000円~15万円

   「ザ・ロイヤルエクスプレス」は、伊豆急のリゾート列車「リゾート21(伊豆急行2100系電車)」の車両を数億円を投じて改装。木をふんだんに使いながら食堂車や多目的スペースなど、全8両に違ったデザインを施した。7月21日から横浜~伊豆急下田間を往復する。列車に乗る方法は大きく二つ。ひとつが、観光と宿泊がセットになった「クルーズプラン」で、2名1室の場合で1人13万5000円~15万円。もうひとつが宿泊なしでコース料理つきの場合。片道1人あたり「プラチナクラス」の座席が3万5000円、「ゴールドクラス」が2万5000円だ。

   7月は初便の21日以外に、22日、26日、27日、28日に運行。伊豆急によると、応募倍率は公表していないが全て満席だという。宿泊なしの「プラチナクラス」のプランが最も人気があったという。8月はJR東日本の線路が混雑しているため運行できず、次の運行は9月。7月31日まで9月分の申し込みを受け付ける。10月以降も、JR東日本と協議しながら週末を中心に運行する。

「九州で培ったソフトを日本中で使ってもらう」

   水戸岡鋭治氏は「ななつ星in九州」など、JR九州の列車を多く手がけたことで知られる。

「九州で培ったソフトを日本中で使ってもらう。これからも困っているローカルがあったら、あちこちで援助していきたい」

などと話していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中