富士急「ドドンパ」が逆走トラブル 営業運転を見合わせ

印刷

   山梨県富士吉田市内の遊園地「富士急ハイランド」で2017年7月16日昼過ぎ、乗客7人を乗せたジェットコースター「ド・ドドンパ」が走行中に突然止まった。報道によると、コースを上った後に逆走してカーブで止まり、7人は約20分後に救出されてケガ人はいなかった。

   ド・ドドンパは、リニューアルされて前日に運行開始したばかりだった。富士急ハイランドはこの日、ホームページ上で運行停止のお知らせを載せ、原因として、走行中にタイヤがパンクし、スピードが低下したと説明した。

   17日現在も営業運転を見合わせており、「安全が確認でき次第、営業を再開いたします」としている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中