新興SNS「マストドン」利用率2.8%にとどまる ジャストシステム調査

印刷

   ソフトウェア開発会社「ジャストシステム」(本社・徳島)は2017年7月20日、「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2017年6月度)」の調査結果を発表した。

   15~69歳の男女1100人を対象に実施した調査によると、ドイツ発のSNS「マストドン」を「現在利用している」と回答した人はわずか2.8%だった。一方で、サービス自体を知らない人は77.9%にのぼった。性別・年代別にみると、利用者が最も多いのは10代男性で10.0%。認知率が最も高い職業はエンジニアで約3割だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中