2019年 8月 22日 (木)

実は夏バテ引き起こす食材のうなぎ 胃に優しい食べ方とは

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

   【その原因、Xにあり!】(フジテレビ系)2017年7月14日放送

   「ついやりがちな真夏の残念健康法」

   麦茶で水分補給する、スタミナを付けるためにうなぎを食べる...などなど、多くの人が夏にやっているだろう健康対策には、意外な落とし穴が潜んでいる。

   番組では、残念な夏の健康法をランキング形式で紹介し、正しい方法を解説した。

health_20170721180126.jpg

乾いたタオルで汗を拭くのは危険

   第5位は「自宅で作った水出し麦茶を4日以上かけて飲みきる」。

   麦茶の菌の繁殖を調べたデータによると、作ってから4日で菌が繁殖し始め、8日目には農林水産省が定めた安全に飲める基準値を超えてしまう。冷蔵庫で保管していても、4日以内に飲みきろう。

   さらに危険なのは煮出した麦茶だ。菌が繁殖しやすい温度は30~40度で、冷ますために放置している間に菌が繁殖する。作ってから5日目以降には安全に飲める基準値を超えてしまうのだ。

   保管しておく容器は熱湯消毒し、煮出したらすぐに氷水や流水につけて一気に粗熱を取れば、菌が繁殖しにくくなる。

   第4位は「汗を乾いたタオルで拭き取る」。

   汗をかくのは、自分の体温を外に逃がすためだ。乾いたタオルで拭いても体の熱を外に逃がせず、暑い日や運動直後は体に熱が溜まって熱中症になりやすい。

   汗を拭く場合は、ノンアルコールのウエットティシューや水で濡らしたタオルなど、濡れたもので拭くのがよい。皮ふについた水分が蒸発する時に熱を奪ってくれるからだ。冷たいタオルよりも、人肌程度の温かいタオルで拭く方が、水分が蒸発しやすく、熱を奪うのにより効果がある。

   室内で起こる熱中症対策として、約40度のお湯で濡らしたタオルで汗を拭くとよい。

姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中