安倍首相「足らざる点があった」 加計学園問題めぐる閉会中審査で

印刷

   安倍晋三首相は2017年7月24日に衆院予算委員会で行われた閉会中審査で、加計学園の獣医学部新設問題をめぐる答弁について「足らざる点があった」と述べた。

   安倍首相は閉会中審査の中で、「『李下に冠を正さず』という言葉があり、私の友人が関わることであり、国民から疑念の目が向けられることはもっともなことだ」としたうえで、自身の答弁について丁寧な説明を重ねたいと述べた。獣医学部の新設については、「一度もそうした個別の案件についての指示を行ったことはない。一点の曇りもない」と述べ、改めて関与を否定した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中