自民党の木村太郎衆院議員死去 首相補佐官など歴任

印刷

   自民党の木村太郎衆院議員(青森4区)が、2017年7月25日、死去した。52歳だった。

   木村氏は、1991年から青森県議を2期務めた後、96年に衆院議員に初当選。その後は、防衛庁副長官、農林水産大臣政務官、党広報本部長などを歴任し、12年12月から約3年間、安倍内閣の首相補佐官を務めた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中