秋田県知事、豪雨会議欠席を陳謝 県外ゴルフと飲酒で間に合わず

印刷

   秋田県の佐竹敬久知事が2017年7月24日、記録的豪雨による災害対策の緊急連絡会議に出席できなかったとして「非常に申し訳ない」と謝罪した。

   大雨による避難勧告などが発令された2017年7月22日、佐竹氏はゴルフや飲酒をして宮城県に宿泊。翌23日早朝に車で県庁に向かったが、土砂崩れの影響による交通渋滞に巻き込まれ、会議に間に合わなかったという。

   佐竹氏は記者団を前に、

「自分で招集した会議に自分で遅れるということは、非常に恥ずかしいこと」
「非常に判断が甘く、深く反省している」

などと反省の弁を述べた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中