楽天と電通がビッグデータ活用で合弁会社 10月に営業開始

印刷

   楽天と電通は2017年7月26日、両社のビッグデータなどを融合してマーケティングサービスを提供する新会社「楽天データマーケティング」を8月中旬に設立すると発表した。10月1日に営業を開始する。資本金は1億円。出資比率は楽天が51%、電通が49%。

   楽天グループの顧客規模とビッグデータ、電通グループのマスメディアを始めとするネットワークを活用。効果の高い広告商品の開発を通じ、企業のプロモーション活動を支援すると説明している。社長には楽天の有馬誠副社長が就任する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中