早実・清宮、不発で「最後の夏」終わる 「夢の続きはプロで見よう」

印刷

   早稲田実業・清宮幸太郎内野手の最後の夏が終わった。

   早実は2017年7月30日昼に行われた第99回全国高校野球選手権西東京大会決勝(神宮球場)で、東海大菅生に6対2で敗戦。注目の清宮選手にホームランは出ず、高校通算本塁打記録更新の夢も潰えた。

  • 清宮選手の夏が終わった(17年7月28日撮影)
    清宮選手の夏が終わった(17年7月28日撮影)

「打撃はすごいが、守備がもう一歩だった」

   試合は1回表に東海大菅生が四番の片山昂星(こうせい)選手のタイムリーで1点を先制。2回裏に早実が1点を取り同点に追いついたが、東海大菅生は5回2アウトから3点を奪い、再び引き離した。

   試合はこのまま東海大菅生ペースで進み、9回表にもさらに2点を追加。結果、6対2のスコアで17年ぶり3度目の甲子園出場を決めた。注目の清宮選手は3打数1安打1四球も、守りで2つのミス。失点にも絡んだ。

   清宮選手のこの日のプレーについて、ツイッターやネット掲示板では厳しい声も出た。

「打撃はすごいが、守備がもう一歩だった」
「ぶっちゃけ清宮のエラーが負けの原因」
「自分のミスで閉じた高校野球ってことで良いんじゃない」

   ただ一方で、「まだまだ清宮くん見たかったな お疲れ様」「3年間お疲れ様でした」などと高校球界を大いに盛り上げた清宮選手をねぎらうコメントも多く出ているほか、早くも、

「清宮くん、夢の続きはプロで見ようじゃないか」
「今度はプロで甲子園に来てください」
「個人的にはヤクルト行って神宮で活躍する清宮が見たい」

などと今後の活躍に思いをめぐらすユーザーの姿も目立った。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中