米空軍、日韓と相次いで共同訓練 北朝鮮のミサイル発射を牽制

印刷

   米空軍は、2017年7月30日、28日夜に行われた北朝鮮のミサイル発射実験を受け、朝鮮半島付近にB-1爆撃機を2機派遣し、航空自衛隊と韓国空軍それぞれと訓練を行った。

   グアムを出発したB-1爆撃機は、九州周辺の空域で航空自衛隊のF-2戦闘機2機と合流し、共同で訓練を行った後、朝鮮半島付近で韓国空軍のF-15戦闘機4機と同様に共同訓練を行った。

   米空軍は、北朝鮮を「地域にとっての最も緊急な脅威」だとして強い警戒を示し、周辺地域における日韓両方との軍事的な結びつきの重要性を強調した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中