バンジージャンプの命綱切断で男性軽傷 長崎ハウステンボス

印刷

   長崎県佐世保市のリゾート施設ハウステンボスで、2017年8月1日17時半ごろ、高さ20メートルから飛び降りるアトラクション「光のバンジージャンプ」の命綱が切れ、男性客が軽傷を負った。

   命綱が切れたのは、飛び降りた男性がゴムの弾力で1度浮き上がった直後で、男性はマットに落下した後に地面に落ちた。男性は打撲などの軽傷を負ったが、命に別状はないという。

   これを受け、ハウステンボスは同アトラクションを休止。施設の担当者は、J-CASTニュースの取材に対して、専門業者、警察、ハウステンボスで協議し、再開日を検討すると話した。

   「光のバンジージャンプ」は15年10月から運営が始まり、月平均で2000人から3000人ほどが利用していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中