2018年 8月 19日 (日)

大洗被曝事故、暫定評価で「レベル2」

印刷

   原子力規制委員会は2017年8月2日、日本原子力研究開発機構の大洗研究開発センター(茨城県大洗町)で6月に作業員が被曝(ひばく)した事故について、原子力事故の国際評価尺度(INES)に基づき、8段階のうち上から6番目のレベル2(異常事象)に当たると暫定評価した。

   事故は6月6日、同センターの燃料研究棟で発生した。作業員が核燃料物質の入ったステンレス製容器を開けた際、内側のビニール袋が破裂し、5人が内部被曝した。作業員の1人に法定年間線量限度(年50ミリシーベルト)を超える被曝はあったが、「レベル3」(重大な異常事象)に相当する年間限度の10倍に達しておらず、核燃料物質の施設外への放出もなかったため、規制委はレベル2と評価した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中