松居一代、なぜか豪雨被災地で「ボランティア」 「サブリーダーになりました」

印刷

   船越英一郎さんとの離婚劇をめぐる様々な言動で何かと注目されている、女優の松居一代さん。今回は、豪雨で大きな被害が出た福岡県朝倉市のボランティアに参加したとブログで報告した。

   民放情報番組の中には、松居さんが朝倉市に入った現地映像を流す局もあった。

  • 被災地でサブリーダーになったという松居さん(画像は松居さんのブログより)
    被災地でサブリーダーになったという松居さん(画像は松居さんのブログより)

フジテレビ系情報番組が現地で「肉声」

   松居さんは2017年8月2日朝更新のブログで、朝倉市の被災地ボランティアで「登録を済ませ」、被災宅へマイクロバスで向かっていると報告した。首にタオルを巻いた自身の写真も載せており、背後の映っている文字は「朝倉(市) 災害ボラン」と読める。「市」の部分は、松居さんが重なり、はっきりとは確認できない。恐らく、朝倉市の災害ボランティアセンターの前で撮った写真のようだ。

   同じブログで、松居さんは「あたし、サブリーダーになりました」と書き、「しっかりとしなくちゃね」と張り切っている様子だ。「サブリーダー」が、ある程度公式なものなのか、グループの仲間内で決めたものなのかは、はっきりしないが、松居さんは「気合いで行ってきまーすよ」と重責も感じているようだ。

   松居さんは前日の1日夕のブログで、ボランティア参加のため「朝倉市役所」に到着したことを報告していた。松居さんは、マイカー(フィアット)に乗って現地入りした。

   1日に現地入りした松居さんの様子は、情報番組「直撃LIVEグッディ!」(フジテレビ系)がカメラにおさめており、翌2日午後に放送した。松居さんの肉声は断片的で、「(入浴・宿泊施設入口で)お風呂だけ」「(車に乗り込みながら)ちょっと待っててね」などだった。

   松居さんが1日と2日のブログで朝倉市入りを報告すると、ツイッターには

「ただの邪魔じゃねーか!!」
「2次災害」

などと批判的な声があがる一方、

「ボランティア活動ありがとうございます」
「有名人が動くことでマスコミが被災地の現状を(略)映してくれるなら、それはそれでいいこと」

と歓迎する反応も寄せられていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中