2018年 8月 21日 (火)

北朝鮮ICBM落下数分前 羽田発の仏旅客機が上空通過

印刷

   北朝鮮が2017年7月28日に発射した大陸間弾道ミサイル(ICBM)が日本海に落下する直前、落下地点周辺の上空を仏エールフランスの旅客機が通過していたと、米ABCニュースが8月1日(現地時間)に米当局者の話として報じた。

   報道によると、旅客機は羽田空港発パリ行きのエールフランス293便で、ICBMが北海道の奥尻島沖に落下する約10分前に現場付近の上空を通過したという。

   エールフランスはABCニュースに対して、北朝鮮のミサイル実験の空域では「エールフランス機の飛行ルートは妨げられておらず、問題は報告されていない」とし、「当局と協力して飛行区域の危険性を分析し、適切に飛行計画に反映させている」とコメントしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中