ミスドのクーポン裏に「パワハラ」まがい文書 誤掲載の経緯を店側に聞くと...

印刷

   ミスタードーナツ西友水口店(滋賀県甲賀市)で、ドーナツの廃棄個数などの内部情報が裏面に印刷されたクーポン券が、来店客の一部に誤って配布されるトラブルがあった。クーポンを受け取った客の1人がツイッターで指摘したことで判明した。

   誤って配布されたクーポンの裏面には、「ブラック社員もいる」「自分に甘えないでください」との言葉が印刷されており、インターネット上では「(従業員に対する)パワハラにあたるのではないか」といった指摘も出ている。

  • ミスタードーナツの公式ウェブサイト
    ミスタードーナツの公式ウェブサイト

「ドーナツ廃棄個数200個オーバー」

   問題のクーポンは2017年8月3日に配布された。KDDI(au)のスマホユーザーを対象としたキャンペーンの一環で、次回来店時に280円分(スマホの契約プランによっては、380円分)の買い物が無料になる割引券だ。

   そもそも、なぜ内部情報を掲載したクーポンが制作されたのか。ミスタードーナツ西友水口店の店長は4日のJ-CASTニュースの取材に、

「誤って、使用済みの用紙の裏面にクーポンを印刷してしまった」

と説明する。店長によれば、西友水口店では約300枚のクーポンを制作したが、うち16枚を使用済みの紙の裏面に印刷した。そのうち14枚を来店客に配布したという。

   今回、内部情報が書かれたクーポンの存在が注目を集めたのは、あるツイッターユーザーの「報告」がきっかけだ。このユーザーは8月3日深夜、

「裏面完全に社外秘だよね????しかも何か書いてること超絶パワハラっぽいけどこれ大丈夫?」

として問題のクーポンを受け取ったことを報告。あわせて、表と裏の両方から撮影したクーポンの写真も掲載している。

   いったい、このクーポンの裏面には何が書かれていたのか。投稿者が公開した写真を見ると、そこには、

「ミスド部門ですが、ドーナツ廃棄個数200個オーバー(略)かなりありました」
「ブラック企業があるならば、私はブラック社員もいると思っています(略)自己主張したければ、まず自分に甘えないでください。そして、いつも言っています(これを書くとパワハラになる<後略>)」

などと書かれていた。

「本部としても指導をしたい」

   こうした文書の内容をめぐって、ツイッターやネット掲示板には、

「内容的に社員に対してのパワハラだろう」
「自社がブラックって認めてないかこれ」
「これは明らかなパワハラ」

との批判が殺到。そのほか、「これは問題にする為にわざと流出させたな」「内部からの意図的なリークなのでは...」などと推測するユーザーも目立った。

   ミスタードーナツを運営するダスキン(大阪府吹田市)の広報担当者は4日のJ-CASTニュースの取材に対し、

「(クーポンに印刷された文書は)フランチャイズ契約を結んでいる運営会社の社員が制作したものです。店舗を指導する立場にある社員が、各店舗の担当者に送ったメールの文面になります」

と説明した。

   また、インターネット上で文書の内容が「パワハラではないか」との批判が出ていることについては、「運営会社に確認したところ、『あくまで文書を制作した社員の個人的な見解だ』との説明を受けました」と話す。その上で、ダスキンの担当者は、

「表現に不適切な部分があったことは確かです。本部としても指導をしたい」

と話した。

   なお、J-CASTニュースは、問題のメールを送った社員が所属する運営会社「ルビフ」(大阪市)にも取材したが、「終日、担当者が不在にしている」との回答だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中