倉嶋厚さん死去、93歳 元NHK気象キャスター

印刷

   気象キャスターとして親しまれた倉嶋厚さんが、2017年8月3日に埼玉県の病院で亡くなった。93歳だった。倉嶋さんの公式ホームページで公表された。

   倉嶋さんは長野県出身。1949年に中央気象台付属気象技術官養成所研究科(現在の気象大学校)を卒業し、主任予報官や札幌気象台予報課長などを務めた。気象庁を定年退職後、NHKで気象キャスターとして活躍。2011年には日本気象学会名誉会員に推薦された。

   執筆活動にも精力的に取り組んだ。めぐる季節と自身の人生を重ね合わせたエッセイ「癒しの季節ノート」、うつ病の経験を綴った「やまない雨はない~妻の死、うつ病、それから...」などを著した。

  • 写真は倉嶋さんの公式ホームページより
    写真は倉嶋さんの公式ホームページより
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中