2021年 7月 30日 (金)

ベビーカー14万円→無駄遣い? 鈴木亜美の「セレブ子育て」にかみつく人たち

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   歌手の鈴木亜美さん(35)が、生後6か月の長男にかける「教育費」をめぐって、ネットが盛り上がっている。

   初めてのベビーカー14万1966円、おもちゃは、代官山の行きつけの店のみ、検討している保育園は月約13万円など――。セレブな教育方法は、世間と「ズレて」いるのだろうか。

  • 子供のことを考えたらいいベビーカーを?(写真はイメージ。本文とは関係ありません)
    子供のことを考えたらいいベビーカーを?(写真はイメージ。本文とは関係ありません)
  • 子供のことを考えたらいいベビーカーを?(写真はイメージ。本文とは関係ありません)

保育園は1か月約13万円

   鈴木さんは、2016年7月、7歳年下の一般男性と結婚した。長男はまだ生後6か月という新米ママだ。

   そんな鈴木さんの日常を、フジテレビ系バラエティ番組「もしかしてズレてる? 芸能人ママ子育てSP」が追い、2017年8月7日、放送された。そこで、高級おもちゃやハイクラスの保育園を探す姿が映し出された。

   まず、撮影時に宅配便で届いた「レインフォレスト・ジャンパルーII」というベビーギアは、2万1600円。

   おもちゃへのこだわりは人一倍あるようで、購入するのはいつも「ボーネルンド代官山店」だという。理由は、「同じ場所で買った方が店員さんとかに相談しやすいから」とのこと。撮影日も、ハンギングトーイなど5点のおもちゃを購入し、計1万9764円を支払った。

   保育園も費用がかかる。今気になっているのは、1か月週5日で費用は約13万円(0歳児の場合)のところ。人工芝が敷き詰められ、体と脳の活性化にいいという。

   そんな生活の中で、ネットが注目したのはベビーカーだった。

   初めてのベビーカーはオランダ製の「バガブー カメレオン3」で、価格は14万1966円。新生児から成長に合わせて長く使える仕様で、片手でのブレーキハンドルや、5点式シートベルトなど、高性能だ。オシャレな見た目から、ハリウッドセレブや日本の芸能界にも愛用者は多い。

   編集部が大手ネット通販サイトで調べたところ、売れ筋のベビーカーはおおよそ3万円~5万円台。1万円台や1万円以下も豊富にそろっていた。

   少し古いが、ネットリサーチのDIMSDRIVEが2008年6月に行った「ベビーカーに関するアンケート」によると、購入価格は、「3万円台」21.6%でトップ。以下、「2万円台」21.4%、「1万円台」18.8%と続いた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中