アグネス・チャン流子育て術 叱る時「短時間で済ませる」はダメ!?

印刷

【ソレダメ!】(テレビ東京)2017年8月2日放送
「アグネス・チャンの衝撃子育て新常識!」

   子育てする人が頭を悩ませることの1つが「叱り方」ではないだろうか。ついつい感情的になってしまったり、逆になかなか注意できなかったり、正解がわからず苦慮する親は多そうだ。

   番組では、3人の息子を米国の名門であるスタンフォード大学に送り込んだアグネス・チャンさんが、独自の叱り方を明かした。

8時間説教したことも

   「怒る時は短く済ませる」を心がけている人は少なくないかもしれないが、アグネスさんとしては「それはダメ」。最長で8時間説教したことがあるという。

   長男に漢字テストが何点だったか聞くと、数日間「まだ戻ってきてない」とはぐらかされ続けた。バッグを探してみると、底の方にぐちゃぐちゃのテストが入っていて、点数は75点だった。なぜ隠していたのか尋ねると「点数が低いからママがかわいそう」と答えたそうだ。

   子供が「点数が低くなるとママは悲しむ。愛情も減る」と思っていると知りドキッとしたアグネスさんは、「ママは何点でも君を愛するのよ」と延々と説明したという。

   時間が長ければいいというわけではなく、大事なのは「子供が納得できたかどうか」。手は出さず、悪い言葉は使わないようにして、納得するまで説明するのが肝心だ。アグネスさんはだんだんと要領が良くなり、次男は6時間、三男は4時間が「最長説教記録」なのだとか。

大人になっても親の叱り方の影響が

   「子育てというより親育ての方法を聞きましたね。勉強になりました」と感心するゲストの小藪千豊も、子育て真っ最中のパパだ。

小籔「(子供がテストを見せなかったら)嫁はんが機関銃ですわ。何しとんねん!テスト何で見せへんの!って。僕は別に何もしないです。嫁はんがバーって撃ってるから、その後言ってもしゃーないから。同じ弾やしね。3か月か半年、1年に1回だけドーン!行きます。『なめんなよ。嘘つくな』みたいな」

   MCの高橋真麻は、叱られた経験に大きく影響されているという。

高橋「うちは嘘をついたり隠し事をすると死ぬほど厳しく怒られた。その恐怖から、『こんなに怒られるなら嘘つかない方が楽だな』と思って、嘘がつけない性格になっちゃった。大人になってからも、何か聞かれた時に全部答えちゃう」

   ちなみにアグネスさんは、叱り方以外では「お小遣いはなく、必要な時にお金を渡す」「習い事は子供がやめたくなったらやめさせる」という子育てを実践していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中