2018年 8月 15日 (水)

成田空港反対運動のリーダー、北原鉱治さん死去 95歳

印刷

   成田空港の建設に反対してきた三里塚芝山連合空港反対同盟北原派の事務局長、北原鉱治(きたはら・こうじ)さんが2017年8月9日、老衰のため千葉県富里市の病院で亡くなった。95歳だった。各紙が報じた。

   三里塚で洋品店を営んでいたが、1966年、成田空港の建設が決まると反対同盟を結成。故・戸村一作委員長を補佐して事務局長に就任し、新左翼セクトの支援を受けながら反対運動を主導した。方針の違いから反対同盟が83年に熱田派と北原派に分裂した後も、北原派のリーダーとして活動を続けた。75年に成田市議に当選し、4期16年務めた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中