「疑惑の判定」村上伸次主審に「またやられた」? 「明らかにPK」柏×鳥栖戦で「誤審」指摘

印刷

   サッカーJ1の試合で、ペナルティエリア内のある場面をめぐって「明らかにPK」「酷い判定を見た」と大ブーイングがインターネット上に飛び交った。

   この試合で笛を吹いた村上伸次主審は、ここ1年以内でも何度か「疑惑の判定」が指摘されており、「また村上にやられた」との声もある。

  • 柏レイソルのホームスタジアム、日立柏サッカー場
    柏レイソルのホームスタジアム、日立柏サッカー場

「スタジアムにいた全員がPKだと思ったのでは」

   日立柏サッカー場で2017年8月9日に行われた第21節・柏レイソル対サガン鳥栖戦。0-0で迎えた後半14分、柏MFキム・ボギョンのスルーパスでペナルティエリア内中央に抜け出したFWクリスティアーノが、後ろからスライディングタックルを受けて倒された。足にかかったように見えたが、ノーファウルだった。決定的な場面を阻止されたクリスティアーノは両手を振り上げ、首を傾げた。試合はスコアレスドローで終了した。

   柏の下平隆宏監督は「映像を見ましたけど、PKだったかなと思いました」と述べ、当のクリスティアーノも「スタジアムにいた全員がPKだと思ったのでは。主審を除いて」と苦笑いした。

   ツイッター上では「明らかにPK判定が普通だった」「柏レイソルの鳥栖戦で酷い判定を見た」とこの場面をめぐって疑問が噴出。とりわけ、やり玉に挙げられたのは村上主審だった。

「とりあえずもう村上主審の試合は見たくない」
「PK見逃し等また村上にやられた」
「村上さん誤審だらけだぞ」
「村上伸次が主審の試合は誤審が必ず起こる」

「審判のジャッジもレベルアップしないといけない」

   この試合では後半アディショナルタイム、柏FWディエゴ・オリヴェイラが2枚目のイエローカードで退場処分を受けたが、これについても下平監督は「本人(ディエゴ)に聞いたら『足は当たってない』と。彼の言葉を信じれば、少し我々にとっては苦しいジャッジになってしまったかなと思います」と判定を受け入れられないようだ。

   村上主審は折に触れて「誤審ではないか」と疑義をもたれている。ここ1年以内を見ても、たとえば4月22日のアルビレックス新潟対FC東京戦、東京FW大久保嘉人が新潟DFソン・ジュフンに倒されたとしてPK判定を下した場面があったが、足がかかった場所はペナルティエリアの外に見えたため、新潟の選手らが激しく村上主審に詰め寄った。

   16年12月24日の天皇杯・鹿島アントラーズ対サンフレッチェ広島戦でも村上主審が笛を吹いたが、鹿島の石井正忠監督(当時)が不満を募らせた。たとえば、ドリブルでペナルティエリア付近に持ち込んだ鹿島FW鈴木優磨が倒されたかに見えたが笛は鳴らず、また、広島のボールがタッチラインを割ったように見えた場面もプレーオンだった。

   石井監督は同試合中、村上主審と相対して怒気を帯びたように何かを主張する場面があった。試合後の会見では自ら「最後にいいですか」と切り出し、「審判のジャッジもレベルアップしないといけない。この試合を見た人の多くが思っているのではないか。Jリーグ全体のレベルを上げる上でも、何か努力はしてもらいたい」と訴えていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中