2018年 10月 21日 (日)

「ビルゲイツ破産は本当」は洒落か悪質デマか 同名会社のニュースめぐり議論

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   「ビルゲイツ破産は、本当だった!!!」などと、ネット上でまとめサイトが取り上げている。

   破産したのは東京にある同名の内装会社なのだが、大富豪でマイクロソフトの共同創業者のビル・ゲイツ氏と勘違いする人が続出した。自分が釣られた事に気付き「ビックリしたー」と楽しんでいる人は多いものの、デマの拡散に過ぎず、悪質な行為だ、などの批判も出ることになった。

  • 訴えられる?(写真はビル・ゲイツさんのツイッターより)
    訴えられる?(写真はビル・ゲイツさんのツイッターより)

「世界が引っくり返る。。。紛らわしさw」

   「ビルゲイツ破産」の噂は2017年7月頃から時々ネット上に出るようになった。あの大富豪が破産するわけはないと誰も相手にしなかったのだが、8月9日から、

「ビルゲイツが破産 まさかと思ったら本当だった...」

   などと複数のまとめサイトが取り上げ、大きな話題になってしまった。もちろんタネ明かしはしていて、官報が17年7月7日に「株式会社ビルゲイツ」が破産したと告知している、と記している。東京都世田谷区の内装会社で、東京地裁が6月28日に破産手続開始の決定をした。まとめサイトだけではなく、官報掲載の企業倒産情報を報じる複数のビジネス系サイトでも、同社の破産手続開始の決定を伝えている。

   同社は、グーグルマップで会社の位置は特定できるのだが、検索してもHPの有無もはっきりしないほどの小さな会社のようだ。信用調査会社の帝国データバンクの資料によると、2016年3月の決算期の売上は8800万円で、「利益」欄は空欄となっていた。

   ネット上では当初、

「あのビルゲイツが破産?」
「マジかよ!?Windows10売ってくるわ」

などと騒ぎになったが、やがて、

「世界が引っくり返る。。。紛らわしさw」
「他人の名前で会社作っといて破産するとか最悪すぎる」
「今年一番笑ったニュースだった」

   などの書き込みがツイッターや掲示板に出て、「釣りネタ」を楽しむ人が多く出ることになった。

デマの拡散、個人を貶める悪質な行為と批判も

   一方で、こうしたことをネタにするのはデマの拡散や、個人を貶める悪質な行為だという批判も相次いでいて、

「クリックして記事を読まなかったら、タイトルだけでみんな勘違いしてしまう悪質な記事だ」
「クソ記事やめろ」
「名誉毀損で本物のビルゲイツに告訴されろ」

などといった書き込みがツイッターや掲示板に出ている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...