2018年 11月 19日 (月)

サニブラウン、200メートル決勝で7位 結果に悔しさと自信

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   陸上の世界選手権第7日が2017年8月10日(日本時間11日)、ロンドンで行われ、男子200メートルで決勝へ進んだサニブラウン・ハキーム選手(東京陸協)は20秒63(向かい風0.1メートル)で7位だった。2003年のパリ大会で銅メダルを獲得した末続慎吾氏以来、14年ぶりのメダル獲得とはならなかったが、今大会では日本勢初の入賞となった。

   サニブラウン選手はレース後、「気にしていたハム(太もも裏)が最後の100(メートル)で、きてしまった」と悔しさをにじませ、「思ったより自分のフルの力を発揮できなかったが、ここ(編注:決勝)まで来られたのは自信になる」と前向きに語った。

   複数のメディアの報道によると、日本陸連の伊東浩司強化委員長は同日、サニブラウン選手の右太もも裏に張りがあると明かし、後日行われる400メートルリレーのメンバーに起用しない方針を示したという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中