日本、男子400mリレーで世界選手権初のメダル  ボルトはラストラン飾れず

印刷

   陸上世界選手権の男子400メートルリレー決勝が2017年8月12日(日本時間13日早朝)、ロンドンで行われ、多田修平(関学大)、飯塚翔太(ミズノ)、桐生祥秀(東洋大)、藤光謙司(ゼンリン)の日本が38.04秒のタイムで銅メダルを獲得した。

   日本勢が男子400メートルリレーでメダルを獲得するのは大会史上初。

   1位は37.47秒の記録を残したイギリスで、2位は37.52秒のアメリカだった。

   今大会限りでの引退を表明しているウサイン・ボルト選手は、大会5連覇を目指すジャマイカの第4走者としてレースに臨んだが、途中で脚を痛めて途中棄権。現役最後のレースを、まさかの形で終えた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中