涙の松山英樹を気遣って... 背中押したインタビュアーに「もらい泣き」

印刷

   ゴルフ日本男子初となるメジャー制覇の期待がかかった松山英樹選手(25)が悔し涙を流した。

   現在世界ランキング3位、今季獲得賞金ランキング1位(いずれもツアー中の記録)と、日本勢で最も優勝に近い松山選手は今大会一時単独首位に立つなど健闘を見せたが、惜しくも優勝を逃した。

  • 松山英樹選手(2013年5月撮影)
    松山英樹選手(2013年5月撮影)

小倉智昭「可哀想でした」

   2017年最後のメジャー「全米プロゴルフ選手権」最終日がノースカロライナ州のクウェイルホロー・クラブ(パー71)で2017年8月13日(現地時間)行われ、松山選手は一時単独首位に立ったものの、11番からの3連続ボギーでスコアを落とし、通算5アンダーの5位で終えた。同組でまわったアメリカのジャスティン・トーマス選手が、通算8アンダーでメジャー初タイトルを獲得した。

   ホールアウト後のインタビューでは、大会を生中継したホスト局のフジテレビが一番手でインタビューを実施。リポーターのプロゴルファー・冨永浩さんが「おつかれさまでした」と労いの言葉をかけたあと、

「残念としか言いようがないんですけど、振り返ってどうですか」

と切り出した。大きく息を吐いて「そうですね...」とつぶやいた目には涙がにじんでいた。

「まあ、何か足りなかったから勝てなかったと思うんですけど、その何かはなんだろう」

という問いには、息をついて一言「考えます」と言葉少なに答えた。

   視聴者は失意の底にある松山選手に対して手厳しいインタビューという印象を持ったのだろう、ツイッターには、

「もう少し聞き方ってあるんじゃない?」
「『残念としか言えない』とかありえない」
「ちょっと辛辣」
「試合直後の選手に真っ先に聞くことか?」

といった声も上がった。

   直後に放送された情報番組「とくダネ!」(フジテレビ系)では、小倉智昭キャスターが、

「松山くんが一番沈んでる時の一番最初のインタビューだから、いっちばん沈んでて答えようにも言葉が出てこなくて可哀想でしたよね」

と同情。中継を解説したゴルフキャスター・戸張捷さんも「精一杯の答えですよね」とコメントしていた。

視聴者が「もらい泣き」したインタビュー

   その後も海外メディアのインタビューに応じるなど毅然と振る舞っていた松山選手に対し、戸張さんは「相当悔しいと思うな」としながらも、

「やっぱり今の世界のツアーの中で最も注目されている選手のうちの一人だから、こういうどんなみじめな時でもいやな時でもインタビューに答えるというのも彼の義務の一つであると思いますね。(中略)インタビューに答えるっていうのはメディアの向こうにいるゴルフファンに対して色んなメッセージを伝えていくということですから、それはやらなくてはならないことだと思いますね」

とプロの定めを説く。

   悔しさをにじませながらも取材に応えていた松山選手だが、日本唯一のゴルフ専門チャンネル「ゴルフネットワーク」のインタビューでは何度も涙をぬぐった。思いが溢れて言葉にならない様子の松山選手に対し、プロキャディ・杉澤伸章さんは「やっぱり悔しいですよね」と胸中を思いやり、こうメッセージを送った。

「メジャーの3日目で最終組まわったりとか、1打差で4日目を迎えるとかっていうのは、ひとつの幕開けだと思うんですね。だからそういう意味では、本当に日本のゴルフファンの人もありがとうって言葉すごく来てるし、そういう感謝の思いがたくさんあると思うんですね」

   それを聞いた松山選手は「悔しいです」と思いを明かし、杉澤さんは、

「多分みんなも同じ思いだと思います。でもこの悔しさが必ず笑えるというかね、なにかを掴み取る時があると思いますのでぜひ頑張ってください」

と締めくくって、次の取材へ向かう松山選手の背中を押して送り出した。

   これには視聴者も、

「ゴルフネットワークの杉澤さんのインタビューで遂に涙腺崩壊。観てるこちらももらい泣き」
「ゴルフネットワークの杉澤さんの気持ちを汲んだインタビュー見て泣いてしまった松山見てもらい泣きしました」
「ちゃんとファンの気持ちを代弁してくれて嬉しかった。ありがとう!」

などとツイート。

   松山選手は続けて米ゴルフ専門チャンネル「Golf Channel」のインタビュアーであるプロゴルファー・レックス倉本さんと握手を交わした直後にしゃがみ込んでしまったが、しばらくするとすっくと立ち上がってインタビューに答えていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中