聖光学院、校歌中に「恋人つなぎ」 野球部OBにワケを聞いた

印刷

   連日、熱戦が続く第99回全国高校野球選手権大会。球児たちがみせるひと夏のドラマに、釘付けになっている人も多いはずだ。

   そんな中、福島・聖光学院が校歌斉唱中に行う、ある「儀式」をめぐり、ネット上で注目が集まっている。

  • 2011年の開会式(WikimediaCommonsより、Kentaro Iemoto@Tokyoさん撮影)
    2011年の開会式(WikimediaCommonsより、Kentaro Iemoto@Tokyoさん撮影)

高野ファン「初めてみた!」

   戦後最長となる11年連続での甲子園出場を決めた聖光学院。名将・斎藤智也監督率いるチームは、今夏も順当に勝ちを積み重ねている。

   1回戦は、おかやま山陽(岡山)相手に6対0と大勝。2回戦は、2017年8月16日、同じキリスト教系の学校である聖心ウルスラ(宮崎)とぶつかる。序盤に3点を先制されるも5対4で接戦を制し、3回戦へ駒を進めた。

   勝利後といえば、選手たちの校歌斉唱が控える。ユニフォームを真っ黒に汚し、汗をぬぐいながら誇らしい表情を浮かべるナインたちに、胸を打たれる高校野球ファンも少なくないだろう。

   この日も、18人の聖光ナインが今夏2回目となる校歌を高らかに歌い上げる。歌の最中には、ツイッター上で選手たちを称える声が多数寄せられた。

   だが、途中からコメント内容が一変。「なんで???」「初めてみた!」――こんな驚きの声が混ざり始める。

ミッションスクールの伝統?

   試合を中継したNHKの放送を確認すると、校歌斉唱中は例のごとく、端からナインを順々に映していた。

   それから数秒後、パッと画面が切り替わり、手元がアップに。そこには、2人の選手が小指同士を絡めた映像が流れる。よくよく観察すると、選手全員が手を繋いでおり、中には「恋人つなぎ」の選手もいた。

   これには、

「状況を理解するのにしばらくかかった」
「聖光の子が指つなぎしててなんかドキッとした」
「色々妄想してしまう」

と、普段見慣れない光景に驚嘆する人が続出。そのほか、「ミッション系同士で戦うと手つなぐの?」「学校の伝統?」などとそのワケをめぐる予想合戦も繰り広げられた。

代々続く野球部の「伝統」

   手をつなぐ理由はなんだろうか。J-CASTニュースは17日、同校野球部OBで、現在青山学院大学野球部で活躍する鈴木駿輔さん(19)に話を聞いた。

   鈴木さんは昨年の夏には甲子園のマウンドに立ったことがあり、取材に対し、

「選手全員の心をひとつにするためです」

と答えた。

   斎藤監督は、1年生から3年生まで分け隔てなく「チーム」として戦うことの大切さを、常日頃から選手たちに伝えている。その表れがこの行為につながった。

   いつから始まったかは「わからない」としつつ、少なくとも、鈴木さんが同高にいたころ(2014~2016)にはすでに続いていたという。

   手をつなぐ場面は、大会での校歌斉唱時だけではない。大会前、球場に向かう前に同校のグラウンドで校歌を歌い、そこでも手を繋いで団結力を高めている。

   つなぎ方に決まりはあるのか尋ねると、

「特に決まっていないですが、小指同士が多いですね。恋人つなぎをする選手はかなり仲が良い証ですね(笑)」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中