「特攻の拓」20年ぶり続編に「!?」 「絵柄に違和感"バリバリ"」「少女漫画みたい」

印刷

   1990年代に人気を集めたヤンキー漫画「疾風(かぜ)伝説 特攻(ブッコミ)の拓」。その続編となる漫画「疾風伝説 特攻の拓 ~After Decade~」の単行本第一巻が、2017年8月17日に発売された。

   「特攻の拓」は、いじめられっ子の主人公・浅川拓が「ツッパリ」として成長していく様を描いた漫画。個性的な不良キャラや「!?」を多用する独特のセリフ回しが特徴で、連載終了から約20年が経った今も多くのファンから愛される人気作品だ。

  • 「疾風伝説 特攻の拓 ~After Decade~」1巻
    「疾風伝説 特攻の拓 ~After Decade~」1巻
  • 1990年代に人気を集めた「疾風伝説 特攻の拓」(佐木飛朗斗、所十三)
    1990年代に人気を集めた「疾風伝説 特攻の拓」(佐木飛朗斗、所十三)

主人公の拓は「刑事」に

   続編の「After Decade」は、17年2月に漫画誌「月刊ヤングマガジン」(講談社)で連載が始まった。前作に登場したキャラ達の「10年後」を描くストーリーで、拓は「ツッパリ」を卒業して刑事になっている。

   漫画のストーリー部分を担当しているのは、原作と同じ佐木飛朗斗(さき・ひろと)氏。エンタメ情報サイト「MANTANWEB」の2月18日の記事によれば、佐木氏が「『特攻の拓』の続編を書きたい」とヤングマガジン編集部に打診したことで、続編の連載が決まったという。

   独特なセリフ回しは前作同様。「"離"せよ!? クソ刑事(デカ)ぁっ・・」「あんま調子(チョーシ)くれてんと―・・ "ひき肉"にしちまうゾ」など、原作ファンなら思わずニヤリとするようなセリフが続出する。

   だが、この続編を読んだ原作ファンの一部からは、ツイッターやネット掲示板に、

「俺の知ってる特攻の拓じゃない」
「これじゃない感がすごい」

などと違和感を示す声が相次いでいる。

   なぜ、約20年ぶりの続編にファンが困惑しているのか。その理由は、漫画のイラスト担当者が変わり、前作と絵のタッチが「激変」したためだ。

「コイツが"拓"ゥ・・・・!?」

   前作のイラストを手掛けたのは漫画家の所十三(ところ・じゅうぞう)氏。昔ながらの「少年マンガ」を代表するような硬派な画風で、主人公の拓は「太い眉毛」と真ん丸の目が印象的なデザインだった。

   一方、続編のイラストを担当するのは桑原真也氏。多くのヤンキー漫画を手掛けているが、その画風は所氏とは正反対の繊細なタッチ。拓のデザインを見ると、まず眉毛がシュッと細い。瞳はまるで少女漫画のように「キラキラ」と輝いている。

   そのため、前作の硬派なイラストに慣れ親しんだファンの一部からは、桑原氏が描いた続編のキャラクター達について、

「少女漫画みたい」
「絵が違いすぎやろ...なんでこんなことになるん」
「やっぱ絵違うとこれじゃない感がすごい」

などと困惑する声がネット上に相次いでいる。こうした意見は2月の連載開始時から出ていたが、8月17日の単行本発売が話題になったことで、改めて違和感を示す声が出たようだ。

   なかには、同作の独特なセリフ回しを用いて続編のイラストを揶揄するファンも出ており、

「コイツが"拓"ゥ・・・・!?」
「絵柄に違和感"バリバリ"で拓ちゃんが"小学生"に見えるゼェ・・」
「所十三・・・連れて来い・・・今すぐだ・・・!?」

などといった書き込みも見つかる。

   ただ、絵に違和感を抱きつつも、いざ読んでみたら「面白かった」――といった好意的な感想を漏らすファンも少なくない様子。ネット上には、「思ったより面白い」「案外違和感なく読める」などと評価する声も出ている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中