2021年 7月 28日 (水)

東京メトロの「萌えキャラ」はどうなった? 「全国・鉄道むすめ」のポスターにファンが唖然!

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   全国32の鉄道会社の共同イベント「全国『鉄道むすめ』巡り」が行われている。参加者は指定された駅に行き、スタンプ台紙にそれぞれ個性豊かな各鉄道会社のキャラのスタンプを押し収集する、というものだ。

   全てが「萌えキャラ」と思って見たところ、一つだけ気まずそうなキャラがいた、とネットで話題になっている。それは東京メトロの「駅乃みちか」だった。

  • 各駅に貼られているポスター。28番が駅乃。
    各駅に貼られているポスター。28番が駅乃。
  • 16年10月に発表された萌えキャラの駅乃(修正前)。
    16年10月に発表された萌えキャラの駅乃(修正前)。
  • 各駅に貼られているポスター。28番が駅乃。
  • 16年10月に発表された萌えキャラの駅乃(修正前)。

スカートから下着のようなものが透けて見えてる

   「駅乃みちか」はもともと2013年10月に「23歳のサービスマネージャー」という肩書きの同社マスコットキャラクターとして登場した。そして先行する各社に習いオリジナルの「萌え絵」が作られたのは16年10月で、

「出身はドイツのボンよ。バイオリンも弾ける帰国子女なのに、ときどき古風な言葉遣いになってしまうの」

と自己紹介したのだが、スカートから下着のようなものが透けて見えてる、頬を赤らめた「発情顔」だ、おしっこが漏れそうな絵だ、などと批判が起きてイラストの修正を余儀なくされる大騒動になってしまった。

   一方、こうした騒動によって同キャラの認知度が上がったのは確かで、東京メトロといえばこの萌えキャラが目に焼き付いた人も多く出た。

   そこで今回のイベント「全国『鉄道むすめ』巡り」、全国32の鉄道会社のオリジナル「萌えキャラ」がポスターで紹介されたのだが、その中で一つだけ「気まずそうなキャラ」がいると話題になった。名前を見ると 「駅乃みちか」と書いてある。この名前で思い浮かぶのはあのキャラであり、ツイッターや掲示板には、

「あんたたちが『性的だ!』『男に媚びてる!』『おしっこ我慢してる!』」とか言って責めるもんだから!みちかちゃんが!みちかちゃんがなんかもう気の毒じゃないか!」
「さざえでございます、といってみてください」
「なんか『私だけこんなのですみません』みたいな顔で照れてるのがウケる」

などといったことが書き込まれた。

   どうして「駅乃みちか」はこんなキャラになってしまったのか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中