「松居一代劇場」終了宣言するも早速TVで「第2幕」?「ニコニコお話のほうがずっと怖い」

印刷

   タレントの松居一代さんが、「松居劇場には終止符を打った」と終了宣言を行った。離婚騒動の渦中にある俳優の船越英一郎さんに対する告発をネット動画で一時期、行っていたが、最近は豪雨被災地でボランティアに励み、ブログではもっぱらその活動報告が多くなっていた。

   「松居劇場」終了宣言は、ボランティアを終えた松居さんが都内の自宅に戻り、待ち受けていた複数のメディアに語ったものだ。宣言が報じられると、ネット上では「ほっ」とする声や、「なんか寂しい」と残念がる反応も出た。一方、当の松居さんは、帰宅翌日にテレビのインタビューに答え、船越さんを「訴えることもできる」と訴訟も示唆。さっそく「松居劇場」の第2幕が始まったようだ。

  • 「松居劇場」には終止符が打たれたようだが…(画像は松居さんのブログより)
    「松居劇場」には終止符が打たれたようだが…(画像は松居さんのブログより)

情報番組のインタビューに答える

   松居さんは、福岡県朝倉市でのボランティア活動を終え、2017年8月20日に帰宅した。松居さんのブログなどによると、サンケイスポーツなどメディア3社の記者らが待っていた。21日早朝配信のサンスポ記事(ネット版)は、「『松居劇場は終わり』松居一代、47日ぶり帰宅 (以下略)」の見出しで報じた。松居さんは、YouTubeを使って行っていた船越さんに対する告発を「松居劇場」と表現し、7月23日公開の動画を最後として「松居劇場には終止符を打った」と話したという。

   また、同記事では、船越さん側から出されている離婚調停がまとまらず、離婚裁判になった場合は、松居さん自身が出廷するとの考えを示したことも伝えた。

   こうしたニュースが流れると、ツイッターなどには、

「松居劇場もう飽きたわ」
「もう、いいってば」

と、終了宣言で安堵するかのような反応を示す人が出る一方、中には、

「なんか打ち切り感あるな。残念」
「なんかよく分からんけど寂しい気分だわ(笑)」

と惜しむ人もいた。

   そんな松居さんは、「劇場終了宣言」ニュースが出たのと同じ21日、午後に放送された情報番組「直撃LIVEグッディ!」(フジテレビ系)に録画出演。同日11時頃に自宅前で行われたインタビューに答える様子が放送された。約22分にわたって質問に答えたそうだ。

「別人格の松居さん」

   松居さんは、麦わら帽子に黒の長そで・長ズボン、上半身にはさらに上から白の半そでTシャツを着ており、今からボランティアに行くのだろうか、といった出で立ち。帽子には、ボランティア登録シールが何枚も張られている。Tシャツは、現地のボランティア仲間らが作ってプレゼントしてくれたそうで、左胸部分には「絆」、左そでには「最強」の文字が。背中にもメッセージが書かれている。

   リポーターから、ボランティアへの参加前と比べて表情が穏やかになったと話しかけられると、松居さんは

「(YouTubeの)松居劇場の松居さんは、別人格の松居さん。女優の松居さん」

と笑顔で回答。「あれは演じていたのか?」との質問には、

「あれはあれの私なんです」

と、演技であることを否定したような、していないような答えで煙に巻いた。

   船越さん側からの離婚調停申立書が既に届いているはずだ、との指摘も受けたが、帰宅したばかりで、まだ読んでいないとした。その上で、

「私が反対に訴えることも、できるわけですよ」

と訴訟も示唆。船越さん側は否定しているが、松居さんは、このインタビューでも、船越さんが「不道徳なこと」「不倫」をしたと何度も繰り返した。

   ただ、松居さんの話す様子は、動画の「松居劇場」のような、おどろおどろしい雰囲気ではなく、始終笑顔で楽しそうですらあった。訴訟示唆のくだりでも、Tシャツ左袖の「最強」の文字を指さし、「わたし最強ですから。アハハハハハ」と余裕を見せていた。

   放送を見た人からは、ツイッターで、

「松居一代怖いよー。松居劇場の時よりニコニコお話をしている今の方がずっと怖い」

という指摘も寄せられた。早くも「松居劇場」の第2幕が切って落とされたようだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中