富士通、携帯事業売却報道に「様々な可能性を検討」

印刷

   富士通は2017年8月22日、同社が携帯端末事業を売却する方針を固めたとする一部報道について、「当社が発表したものではありません」とのコメントを発表した。

   一方で、「他社とのアライアンスを含め様々な可能性を検討」しており、「今後開示すべき事実が発生した場合には、速やかに公表いたします」と結んだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中