人呼んで「怪奇館」、有名老舗旅館を舞台に積水ハウス、63億円の詐欺被害

印刷

   不動産大手の積水ハウスは、「分譲マンション用地の購入に関する取引事故につきまして」と題するリリースを、2017年8月2日に発表した。そこには、「所有者から契約相手先を経て当社へ所有権を移転する一連の登記申請を行ったところ、所有者側の提出書類に真正でないものが含まれていたことから当該登記申請が却下され、以降、所有者と連絡が取れない状況に至りました」と記されていた。

   そう、積水ハウスは不動産詐欺に引っかかったのだ。関係者によると、その被害額は63億円にものぼる巨額なものだ。

  • 目黒川沿いの旅館「海喜館」JR五反田駅から徒歩5分にある
    目黒川沿いの旅館「海喜館」JR五反田駅から徒歩5分にある
  • 人の気配なく、ひっそりと佇む
    人の気配なく、ひっそりと佇む

ニセの登記書類に騙された

   この詐欺事件の経緯をたどってみよう。

   舞台となったのは、東京・西五反田の「海喜館」という旅館。古風な佇まいから「怪奇館」とも呼ばれている旅館だ。すでに営業はしていないが、その建物は現在も手付かずで残っている。JR五反田駅から徒歩約5分の目黒川沿いという、ロケーションのよい一等地に、これだけまとまった土地はなかなか残っていない。不動産会社にとっては「垂涎の的」の物件だ。

   詐欺の対象となった土地は、約600坪(約2000平方メートル)。その土地に動きが現れたのは、2017年4月24日。「IKUTA HOLDINGS」(代表・近藤久美)という会社が登記簿上で「売買予約」の仮登記を行った。そして、同日に積水ハウスは、その移転請求権の仮登記を行っている。つまり、この4月24日に事実上の契約が交わされたことになる。

   この時点で積水ハウスは手付金を支払っているようだ。購入資金の決済日は6月1日。同日、積水ハウスは購入代金70億円のうち63億円を支払っている。直ちに、積水ハウスは所有権移転の登記を申請するが、6月9日に所有者側の提出書類に真正でないものが含まれていたことで、登記申請が却下される。

   慌てた積水ハウスはすぐにIKUTA HOLDINGSなど関係者に連絡を試みるが、すでに連絡は取れず、所在は不明となっていた。

   さらに6月24日には、積水ハウスが購入したはずの土地が2人の人間に相続登記されていることが判明。積水ハウスは、不動産詐欺にあったことが確実となった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中