「嫌なヤツにうんこ贈れます」サイト YouTuberに送り付けたとの投稿も

印刷
「あなたを悩ますあの人、この人を思い浮かべてみてください」「もし、その人たちにクッサーいサプライズを贈ることができるとしたら?」(公式サイトより)

   そんな悪魔のささやきを仕掛けてくるのが、香港を拠点に、2014年から運営されているという奇妙なサイト「shitexpress(シット・エクスプレス=うんこ便)」だ。

  • 「shitexpress」のトップページ
    「shitexpress」のトップページ
  • タッパー一杯の「うんこ」を…(サイトより)
    タッパー一杯の「うんこ」を…(サイトより)

1カ月で2500以上の「うんこ」送付

   「糞入りの箱を誰かに送り付けるシンプルな方法」を名乗るこのサイトの使い方は、まさに自称する通りに簡単だ。

   注文ボタンを押すとフォームが開き、「受取人」の指名や住所、メッセージなどを入力できる。さらに、「うんこ」の主である動物も選ぶことが可能――とうたっているが、2017年8月時点で表示されるのは「馬」だけだ。ただし、「ホヤホヤの有機馬糞」だという。支払いはビットコインやPayPalで、いずれも「100%匿名」をうたっている。発送無料、お値段は16.95ドル(約1850円)で、サイズは250グラムである。日本語を含む24言語に対応中だ。

   実際に利用した米国のユーザーが、YouTubeにその「開封」の様子を投稿している。届いた荷物は、一見するとごく普通の郵便物だ。しかし封を解いて中身を取り出すと、そこにはタッパーいっぱいの馬糞が......。投稿者は仲間と顔を近づけて臭いを嗅ぎ、苦笑いだ。

   いたずら、嫌がらせ以外に使い道がなさそうなまさに「糞サイト」だが、海外では大手ウェブメディアも含め、たびたび取り上げられている。その一つ、ハフポスト米国版の取材に対し、CEOの「ピーター」氏(フルネームは明かしていない)は、なんと開設直後の1カ月だけで2500もの「うんこ」を送るなど、非常に好評な滑り出しだったと答えている。

2ちゃんねらーですらドン引き

   日本では2017年8月に入り、2ちゃんねるなどでその存在が再発見され、「サービス充実しすぎやろ」などと話題になっている。さっそくある「炎上」中のYouTuberに馬糞を送りつけた、と注文画面のスクリーンショット付きで報告する人も現れたが、「こんな事のために1900円も払ったのか」などと「ドン引き」する人も目立った。

   過去にはやはりYouTuberの「はじめしゃちょー」さんが女性との交際騒動で活動を自粛した際に400キロもの「牛糞堆肥」を代引きで送り付けられた、と2017年5月の動画で報告したことがある。こちらは量などからも別のサービスを利用したものとみられる。

   なお、「汚物、動物の死体その他の著しく不快又は嫌悪の情を催させるような物を送付し、又はその知り得る状態に置くこと」はストーカー規制法で「つきまとい等」の一部として規定されており、「1年以下の懲役又は100万円以下の罰金」の対象ともなる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中