大阪の大規模停電 関西電力「ケーブルに穴」確認

印刷

   大阪府北部で2017年8月23日早朝に発生した大規模停電は、同日17時頃に復旧した。関西電力は謝罪会見を開くとともに、公式サイト上でも「多くの皆さまにご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます」とコメントを発表している。

   発表によると、吹田市のマンホール内の送電線のうち、プラスチックで絶縁している「CVケーブル」に穴が開いていることが確認された。当該箇所のケーブル取り換え作業を実施し、原因究明を行うとしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中