2019年 1月 22日 (火)

「アリさん」引越社の不当労働行為を都労委が認定

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   東京都労働委員会は2017年8月23日、「アリさんマークの引越社」で知られるグループ3社(引越社、引越社関東、引越社関西)に対し、同社で不当労働行為があったとして救済措置を取るよう命じた。

   都労委の発表によると引越社関東は15年6月29日、社外の労働組合に加入し団体交渉を要求した営業職の男性社員を「シュレッダー係」に異動させ、同8月11日には懲戒解雇処分を下した。また、グループ3社は、解雇理由を「罪状」などと記載した通知を社内に掲示するなどしていた。

   都労委は、これらの行為が支配介入などに該当すると認定。救済措置として、(1)引越社は労働組合からの脱退勧奨をしないこと、(2)引越社関東は、団体交渉に誠実に応じること、(3)会社らは、都労委から不当労働行為であると認定されたことなどを、社内報に掲載し全従業員の自宅に送付すること―、などを求めている。

20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中