ヒカル、仮想株式売買で「売り逃げ」炎上騒動、事務所顧問の謎の辞任に「何逃げてんだよ」

印刷

   個人が発行する仮想株式を売買する「VALU」というインターネット上のサービスを巡り、人気ユーチューバーのヒカルさんが炎上騒動に見舞われている。高値で「株」を「売り逃げ」したヒカルさんの行動に批判の声が集まっているのだ。

   所属事務所の顧問・井川氏もヒカルさんの「株」を売り、非難されている中、ツイッターで顧問を辞任すると発表。これが火に油を注ぐ形となり、「騒動が大きくなったからって何逃げてんだよ」といったリプライが寄せられている。

  • ヒカルさんの「VALU」。「このアカウントの出金を停止しています」と書かれている。
    ヒカルさんの「VALU」。「このアカウントの出金を停止しています」と書かれている。

「インサイダー取引ではないか」との声があった

   VALUは、個人を株式会社に見立て、仮想株式を取引できるサービスだ。個人が「VA」と呼ばれる株のようなものを発行、その個人の価値が投資対象となる。売買は仮想通貨のビットコインを使う。

   ヒカルさんは2017年8月9日、VALUに「上場」すると、ツイッターで14日、「明日一気にバリューで動く!」と投稿した。有名人であるヒカルさんの価格はすぐに高騰し、ヒカルさんは15日、前日の終値(ストップ高)で自身が保有するVAをすべて売却した。

   ヒカルさんが役員を務めるユーチューバー事務所「NextStage」のメンバー、ラファエルさんといっくん(禁断ボーイズ)さんもヒカルさんに続き、自身のVAを売却。さらには、ヒカルさんの所属事務所「VAZ」と「NextStage」の顧問を務める井川氏もこれに前後して、ヒカルさんらのVAを売却した。井川氏には、「インサイダー取引ではないか」という批判の声が寄せられることとなる。

   VAZは17日、公式サイトで発表した声明で「井川氏が、当社所属YouTuberと連携して、インサイダー取引をした事実はありません」と否定した。だが井川氏は22日夜、ツイッターで

「本日、一身上の都合により、VAZinc.顧問及びNextStage顧問を辞任することにいたしました。この度は世間をお騒がせし誠に申し訳ございませんでした。引き続きVAZやNextstageをよろしくお願いします」

と投稿し、「VAZ」と「NextStage」の顧問を辞任すると発表。ツイッターやネット掲示板で「逃げやがったww」「騒動が大きくなったからって何逃げてんだよ」と批判する声が続出しており、事態はますます混乱の度合いを深めている。

   J-CASTニュース編集部が23日、VAZに取材を申し込んだところ、広報担当者は24日、

「(辞任は)事実でございます」

と回答した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中