柴崎岳が復帰しても ハリルジャパンこれだけある不安

印刷

   ロシアワールドカップ(W杯)アジア最終予選の日本代表メンバーが2017年8月24日に発表された。スペインリーグで活躍するMF柴崎岳が代表に復帰したほか、J1で好調のFW杉本健勇ら勢いのある新戦力も入った。

   だが、相手は首位争いのオーストラリアとサウジアラビア。主力選手に負傷者が相次いでいるなかで、特にオーストラリアはフィジカルの強さを大きな武器としており、引き分け以下ならハリルホジッチ監督の更迭もある状況だ。

  • 日本代表メンバー発表会見に臨むハリルホジッチ監督(JFA公式サイトの中継動画から)
    日本代表メンバー発表会見に臨むハリルホジッチ監督(JFA公式サイトの中継動画から)

ハリルホジッチ監督、柴崎の「復帰は嬉しい」

   日本はグループBで暫定首位ながら、残る2戦の相手は2位サウジアラビア、3位オーストラリアだ。

   久々の選出となった柴崎は、2月にスペインリーグ2部のテネリフェに渡ると当初は順応に苦労したものの、次第にチームにフィット。プレーオフでも獅子奮迅の活躍を見せ、オフに1部昇格を決めたヘタフェに移籍した。ハリルホジッチ監督は「最近2試合もチェックしたが非常に興味深いプレーをした。もっと良いプレーができる選手だ。素晴らしい性格ももっている。復帰は嬉しい」と前向きだ。

   ほかに、ドイツのマインツに所属するFW武藤嘉紀や、J1・セレッソ大阪の杉本ら、右肩上がりで調子を上げている選手が複数選出されている。

「選手にはフィジカルコンディション徹底を求めている」

   だがケガ人が続出している。主力のFW本田圭佑は新天地メキシコのパチューカで初ゴールをあげたばかりだが、負傷のためデビューがずれ込んでいた。ドルトムントのMF香川真司もケガの影響からブンデスリーガ開幕戦では後半終了間際からの途中出場で終わっている。センターFWとして代表に定着していたケルンの大迫勇也も、8月のクラブ親善試合で右足を負傷した。

   ハリルホジッチ監督は「選手にはフィジカルコンディション徹底を求めている」「イラク戦でもケガ人が何人もいたので、役割やチームの形を変えた。継続性を考えると、今回もそこが心配だ」とやはりコンディショニングを懸念している。

   31日には先ずオーストラリア戦だが、相手はGKからFWまで万遍なく高さのある屈強な選手がそろい、制空権を奪取できるかは勝負の分かれ目になる。オーストラリアには過去のW杯予選で一度も勝利したことがなく、万全な布陣で臨みたかったため不安は残る。高さ対策は急務だ。

   セルジオ越後氏は22日付サッカーダイジェスト記事で、「今は本大会のことなど考えず、目の前の試合でいかに勝点3を奪うかに集中すべき」「選定基準は、言うなれば120パーセントのベストコンディションにある選手だ」として、「いくら経験が豊富でも、少しでも怪我を抱えていたり、実戦から離れていてコンディションが気がかりな選手は、選考から外すべきではないだろうか」と求めていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中