2018年 11月 16日 (金)

SNS投稿写真からAIが「うつ病」診断 なんと精神科医の2倍近い成功率

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   SNSインスタグラムの投稿写真から人工知能(AI)が「うつ病」かどうかを診断することに米バーモント大学の研究チームが成功し、コンピューター科学誌「EPJDeta Science」(電子版)の2017年8月7日号に発表した。

   しかも、専門の精神科医より高い確率で「診断」したという。SNSへの投稿をきっかけに人工知能に「心」を見透かされる時代がくるのだろうか。

  • SNSの投稿写真で「心」がわかる
    SNSの投稿写真で「心」がわかる

うつ病の人は「自撮り」と「モノトーン」写真が多い

   同誌の論文によると、バーモント大学のクリストファー・ダンフォース教授らのチームは、コンピューターの学習プログラムを使って人工知能(AI)が、SNSユーザーが投稿した写真から「うつ傾向」を評価するシステムを開発した。

   そして、ウェブサイトを通じ「投稿写真から精神状態を分析する」という実験の趣旨を説明してボランティアを募集、同意した166人を対象者にして、精神疾患の病歴などの提出を求めた。166人のうち71人が過去3年間でうつ病と診断されていた。

   ダンフォース教授らはAIに166人がインスタグラムに投稿した合計4万3950枚の写真を分析させた。その結果、70%の確率でうつ病のユーザーを特定することに成功した。過去の研究では、写真や絵から専門医がうつ病と診断するケースの特定率は42%だというから、正確さでは2倍近い成績だ。

   ダンフォース教授によると、AIは投稿写真の「色相」(色の調子)、「明度」(明るさ)、「彩度」(鮮やかさ)を基準に評価し、うつ病の人は「高い色相・低い明度・低い彩度」が特徴だ。ほかには次のような特徴も持っているという。

(1)写真の雰囲気を「幸福」「悲しみ」「親しみ」「面白い」の4つのキーワードで評価すると、「悲しみ」の度合いが高く、ほかの3つの要素が低い。
(2)顔の写真ではアップが少なく、引いた写真が多い。また正面を写真が少なく、斜めや横からの写真が多い。
(3)1枚あたりに写りこんでいる顔の数が少なく、自撮り写真が多い(他人と一緒の写真が少ない)。
(4)色では青色(ブルー)と灰色(グレー)が強く、全体に暗く、ぼんやりしている。
(5)写真を加工する際、インスタグラムのフィルターのうちモノトーンにする「Inkwell」を好んで使う。(注:健康な人は暖色系の明るい色味にする「Valencia」を好む)。

などだ。

投稿写真からの「うつ病早期発見」は課題が山積み

   ところで、専門医の診断より高い確率で特定したとはいえ、すぐに投稿写真からうつ病患者を「早期発見」するということにはならないという。人権やプライバシーなど乗り越えなければならない法律上の課題が多いからだ。今回の研究について、ダンフォース教授は論文の中でこうコメントしている。

「今回開発したAIのプログラムは、あくまで専門医のサポートするために使われるべきです。いずれ、うつ病の人を早い段階で発見して助けられるように、さらに精度を高める研究を進めます」
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中